シニア世代の英語留学・メリットについて

海外へ留学するのは若者というイメージがありますが、最近では2~30代の若い世代だけではなくて、シニア世代の英語留学も増えています。

シニア世代の英語留学先としてどの国が良いのか? と悩む事もあるかと思われます。

海外へ初めて留学される人には、カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどがおすすめです。

これらの国の共通点は、豊かな自然があり、人々もフレンドリーで、英語学校もシニア向けのコースがあるという事です。

そして、海外での生活や英語を聞いて話すという事に慣れて来たら、アメリカやイギリスなどに留学するというのも一つの手です。

大学受験や就職などに時間を取られて思うように留学のための時間を捻出出来ない若い世代とは違って、時間にゆとりがあるのがシニア世代の強みです。

シニア世代の英語留学・留学期間について

シニア世代の中には「1年くらい現地で生活しないと英語が話せない」と考えておられる方もいらっしゃいます。

そして、何度も現地と日本を往復するよりは長期間現地に滞在する方が、飛行機の料金などの関係もあって良い、むしろ、日本に帰れない状況を作った方が英語は上達すると、自分を必要以上に追い込んでしまう方もいらっしゃいます。

確かに、1~3ヵ月くらいの短期留学ですと、現地に慣れて来たと思ったら留学期間が終わってしまうという事もよく聞きます。その意味では1年くらい現地にいたいというのも無理はないと思います。

ですが、まずは英語留学を楽しむという事を考えてみてはいかがでしょうか?

そこで、初めて英語留学する方へは、まずは1カ月くらいの短期留学をして、それが上手く行ったら次の留学は2カ月、そして3ヵ月と、徐々に滞在期間を長くする事をおすすめしています。